2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11


スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | 

思い出

2006/06/16

201.jpg
もう7年前のこと、しゅう太の前にいたワンコ、ゆうすけが死んだ時に
このアジサイを枕元に飾った。
それから毎年このアジサイが咲くと、ゆうすけを思い出す。
当時は寂しくて哀しくて、ゆうすけのいない家にいるのがとても辛かったのに
だんだんゆうすけの記憶も薄れている。
しゅう太はヤンチャで、幾つになっても手こずらされている。
その点、思い出の中のゆうすけは良い子だったなぁ♪

yusuke.jpg7年も経つと顔を思い出そうとしても、モヤモヤして
しゅう太の顔が邪魔をするし・・・
ゆうすけの時は、まだデジカメも使い始めであまり残っていないのよね。
でもゆうすけと暮らした16年間があったから
しゅう太との今の暮らしがあるんだと思うよ。

犬は一緒に暮らすにはベストパートナーだけど、ただ寿命が短いのはどうすることも出来ない・・・
私は長く生きているから、何頭ものワンコ達と出会って暮らしてきた。
でも年齢的にもそろそろ、しゅう太が人生最後のワンコかな~
未分類 |  トラックバック(0) | コメント(8)

<<365カレンダー | Top | 持ち寄って~>>


Comment
昨日、私のBBSに、ネット友達から緊急連絡が入りました。
高齢の方が飼っているビーグルの里親を捜してほしい。という事でした。
70歳を過ぎ、このままビーグルを飼うにはムリがあるらしのです。
確かに、ビーグルはお散歩の時、引っ張るし、臭いくんくんで大変です。
で、私も昨日考えました。
ワンコの寿命は短いけれど、その前に自分自身が健康でいなければ
ワンコも幸せにしてあげれないんだと、、、

しゅうママさんの「ゆうすけ」ちゃん」との暮らしは、とても大切な思い出ですね。
その後にやってきたしゅうちゃんは、やや、やんちゃでも、しゅうママさんの
新しいパートナーとして、また新たな思い出を作ってくれるんでしょうね。
だから、いっぱいいっぱい、思い出を作ってくださいね。
私も、元気である限り、いっぱい思い出を作りますね。
【2006/06/16 22:12】 URL | モモmama [ 編集] | top↑



ゆうすけくん 幸せだね。
こうやってママの気持ちの中で生きてるんやもん・・・
クバとベスの死 耐えられるかな・・
言葉を話せないワンコ 伝えたい事もいっぱいあるだろうに・・
ひた向きなワンコたちを思うと 何も語らずして去ってゆく彼らがどうしても切なくて仕方ない。
これだけ私たちと近い存在なのに 何だか見えない線が引かれているようで 哀しいのです。
全てのワンコ達が幸せな最期を迎えてほしい。
ゆうすけくんはしゅうくんに後を委ねて去ったのね。

子供の頃に飼っていた保険所出身のポルくん(MIX) 私にとっては特別な存在でした。
優しくてお利口で素直で・・
1番大事な事を保健所から我が家に伝えにやってきてくれたように思う。
天国ですぐに会いたいのは 他界した父とこのポルくんです。
私のワンコ人生はこのポルくん育ちなのです・・・(涙&笑)

それから ↑モモママさんのコメントのBeaくん
どうぞ良き里親さんが見つかりますように・・
【2006/06/17 00:49】 URL | tukikko [ 編集] | top↑



モモmamaさんへ
里親探しの記事、見てきたわ。
こういう話って、辛いよね・・・
ワンコ、特にビーグルは体力がいるし
自分の年を考えないと、結局は可哀想なことになっちゃうね。
良い里親さんが見つかると良いね。

しゅう太と付き合うには、かなり体力が要るけど
反対に、元気もくれるかもね。

tukikkoさんへ
つきこさんにも、ポルくんとの思い出があるのね♪
ワンコってすごいよね。
面倒見てあげているつもりになっているのに
反対に、私たちを幸せにしてくれてるのよね♪
人生の終盤になった時、きっと沢山のワンコ達の思い出があるね~

>ひた向きなワンコたちを思うと 何も語らずして去ってゆく彼らが
>どうしても切なくて仕方ない。

つきこさんは優しいね~
でもね、何も語らなくても、つきこさんには分かっているんじゃない~?
私達が出会えて良かったって思うように、あの子達もきっとそう思ってるよ。
【2006/06/17 09:37】 URL | しゅうママ [ 編集] | top↑



可愛くてつぶらな瞳の「ゆすけ」ちゃんですね。
思い出すのは当然でしょう。16ねんも一緒に暮らしたんですもの。
でもその思いを別の意味でかき消してくれてるのが「しゅう太」君。
色々な思い出が有るしゅうママお幸せかも~?
今度は又一杯しゅう太君との思い出を作りましょう~。

アジサイって何となく雨に打たれる事多いから哀愁があると思いません?
【2006/06/17 11:24】 URL | ピー母 [ 編集] | top↑



ゆうすけ君って、お目々ぱっちりの可愛い子だね
16年間でしたか?
でも凄く可愛がられて幸せだったと思いますよ
私もチョコが最後かと思っています
後10数年・・・その後を考えると自分の身体を心配になりますから
最後まで、どうなっても世話が出来る歳って有ると思いますから
だから、大型犬も飼えなかったんです
寝込んでも、自分が抱ける大きさが、ビーグルまでだったんです
みんなきっと同じ事を考えて居ると思います
だから、今は思いっきり可愛がってあげようと思ってます
・・・チョコは、迷惑に思ってるかもしれませんがv-392
【2006/06/17 19:54】 URL | チョコ [ 編集] | top↑



ピー母さんへ
犬の16才って、かなり長寿だと思っていたの。
でも最近では、20才くらいまで生きる子もいるとか~
しゅう太と一緒にいる時期が長くなって
正直なところ、ゆうすけの事はだんだん忘却のかなたに・・・(^_^;)
でもそれで良いんだな、って思うようになったわ。

アジサイが綺麗な季節になりましたね。
ピー母さんの作品にもあるのかな~♪

チョコさんへ
寝込んでも抱ける大きさ、私も全く同じことを考えていたの。
夫は大型犬が好きだったんだけど
ゆうすけが最後に寝たきりになったから
抱ける大きさじゃないと、看取ってやれないって痛切に思ったのよ。
>私もチョコが最後かと思っています
チョコさんがそんなことを言ったら困るわ。
あと10年しても、まだ私のほうが勝っているでしょう~(笑)
年を取って体力がなくなったら
それなりの小型の大人しいワンコにするとか~
私の年になると、ワンコより長生きできるかどうかが問題なのよ(笑)
【2006/06/17 21:20】 URL | しゅうママ [ 編集] | top↑



年間約10万頭の犬達が処分されるそうです。
自分はこの事実を知って愕然としました。
縁あって手元に来る犬達は「小さな命をどれだけ大切にできるのか」を神様が試しているように思います。
その命が最後を迎えるまで可愛がり面倒を看る、それだけで合格点がもらえるような気がします。
16年間ママの元で暮らしたゆうすけ君、幸せだったに違いありません。
写真を見ていると「ありがとう」の声が聞こえてきそうです。
【2006/06/18 12:53】 URL | タレワン [ 編集] | top↑



タレワンさんのチカちゃんは、まだ7歳だったわね。
それから思うと、16才はやっぱり天寿を全うしたのかしら~
ゆうすけがいたから、今のしゅう太に会えたし
ゆうすけの前にはまた他の子がいたわ。
これって、やはり縁だよね~
出来るだけ長く一緒にいて、いっぱい幸せにしてあげたいわね。
【2006/06/18 16:38】 URL | しゅうママ [ 編集] | top↑





コメントの投稿












管理者にだけないしょコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://syumama.blog13.fc2.com/tb.php/107-cc1305d0
FC2blog user only


| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。